不妊治療・男性の方 Infertility treatment

トップ >不妊治療・女性の方 >男性不妊について

男性不妊について

世界保健機関による調査では不妊原因は女性由来が41%、男性由来が24%、男女共に原因ありが24%、原因不明が11%であるといわれています。つまり、不妊でお悩みのカップルでは、約半数に男性に何らかの原因があることになります。
不妊治療を望まれるカップルの中には、男性が意外と治療に無関心であったり、非協力的であったりすることもありますが、男性側に問題がある場合も多いという認識をきちんともっていただき、必要に応じ治療に臨むことが重要です。

赤ちゃんができるための男性側の条件は、大きく分けて以下の2つに大別できます。

  • 1.射精が問題なくできること
  • 2.精液の中に元気で正常な精子がたくさんいること

勃起不全(ED)でセックスをすることができない場合、セックスの回数が極端に少ないような場合は自分でも見当がつきます。しかし、精子が少ないことや、奇形精子が多いということは自分ではわかりません。つまり、本人は全くわからないまま、男性不妊になっているケースがほとんどです。赤ちゃんがなかなかできない時は、相談や検査も含め、男性の方も何らかの検査を受けるべきでしょう。

射精の異常

勃起障害

勃起障害、いわゆるEDに対しては、まず、強壮作用のあるサプリメントによる性欲増強に始まり、ED治療薬の処方などを行います。ED治療薬はその効果に応じて処方レベルを上げていきます。心理的要因も大きく影響し、そのような場合はほぼ、薬物療法で改善できます。中には、男性ホルモン分泌不全による勃起障害なども稀に存在しますが、そのような場合はホルモン補充療法などにより改善することができます。

膣内射精障害

膣内射精障害は、勃起はするものの性交渉でなかなか膣内に射精が困難であるという例です。この場合、マスターベーションでの射精は可能であることがほとんどです。禁欲と強壮作用のあるサプリメント、射精促進剤等の治療を組み合わせた薬物治療を基本とし、場合により薬物の増量や変更を行いながら治療を進める場合もあります。ただ、不妊治療で夫婦生活の日時を指定されたりすることにより心理的負担が増大してしまうことも多いため、人工授精などによる早めの妊娠を選択される方が多いのが現状です。

逆行性射精

逆行性射精とは糖尿病をはじめとする病気などにより、膀胱括約筋等の働きが弱くなるため、射精時に外ではなく膀胱内へと精子が逆流してしまう病態です。薬物療法で改善を図ることが可能ですが、改善が図られない場合は、尿中精子を洗浄・濃縮し、一定の数と運動率であれば人工授精、そうでなければ顕微授精を行います。ただ、尿中では精子が死滅することも多く、そのような場合は尿成分改善薬の内服、膀胱内洗浄を行った上で、培養液を注入した後にマスターベーションを行っていただき、膀胱内から精子を回収します。

その他

射精障害の中でも、神経疾患や脊髄損傷、膀胱がん、前立腺がん等により、射精そのものができない場合があります。そのような場合は、提携医療機関で精巣上体から精子を回収し、それを用いた顕微授精等を行います。

精子の異常

良好な精液は、当院では濃度が精液1mlあたり2,000万~3,000万程度以上、精液量は1.5ml以上、運動率は約50%以上、奇形率は約30%以下というのを一つの目安としております。このうち、精液の濃度が2,000万/mlに満たないものを乏精子症、運動率が低いものを精子無力症、奇形率が高いものを奇形精子症といいます。

乏精子症

精子の濃度が低い場合や、精子の絶対数(濃度×精液量)が少ない場合を、乏精子症といいます。 膣内に射精された精子のうち、卵管膨大部に到達できるのはごく僅かです。機能的にも形態的にも優れた精子のみが到達できます。精子が少ない場合には、卵管膨大部への精子到達が期待できません。 この場合、人工授精を実施することになります。

精液を顕微鏡で拡大して見ると、たくさんの雑菌が漂っています。精子を簡単に処理しただけで人工授精を行う医療機関もありますが、当院では、全例に洗浄・濃縮処置をし、人工授精を実施しています。この処置により精液濃度が上昇し、さらに受精が行われる卵管膨大部に近い子宮腔内または卵管内に処理した精子を注入することで、妊娠率は通常の夫婦生活に比べて大幅に上昇します。

しかし、重度の乏精子症や精液減少等を伴っている場合であれば、洗浄・濃縮処理を行っても、充分な精子数を濃縮することができないため、顕微授精の適応となります。 乏精子症の場合、ホルモン分泌の異常などによる精子形成不全などの原因があることがありますので、精液検査だけではなく、血液検査で一度はホルモンの状態などを調べておいた方がよいでしょう。ホルモン分泌の異常であれば、ホルモン療法が非常に効果的です。また、中等度以上の乏精子症であっても、ホルモンの異常が無い場合で、年齢その他の条件があえば、半年~1年間の精子増加療法を行い、人工授精が可能となる場合があります。

精子無力症

動いている精子が少ない場合、または高速で直進している精子が少ない場合を精子無力症といいます。精子が膣内から受精が行われる卵管膨大部へ到達し、さらに卵子と受精するためには、精子の数が必要であることはもちろんですが、運動性が良好でなければ、膣内や子宮頸管粘液から奥に移動していくことは困難になります。 軽度であれば、漢方療法やオリジナルサプリメント等で精子の運動率の改善を図ることが可能な場合があります。中等度であれば、乏精子症と同様に精液の洗浄・濃縮処理を行い、運動精子を濃縮すると共に、精子の運動しやすい環境を整え、人工授精を行うことで妊娠率が改善します。 重度であれば、顕微授精の適応となります。

奇形精子症

奇形精子とは、精子の頭部が2つあったり細長かったりするなど、正常の形態をしていないものを指します。こういった奇形精子が多く、正常形態精子が少ない場合を奇形精子症といいます。 この場合、相対的に正常受精可能な精子が少なくなり自然妊娠が困難になります。正常受精可能な精子が少ないということは、病態としては乏精子症と同じであり、軽度であれば精子の洗浄・濃縮処理による人工授精、重度であれば顕微授精を行います。また、薬物療法により精子量が改善し、相対的に正常精子が増加することで、運動精子の増加や奇形精子の減少が図られることがあります。

精子の異常に対する治療法

乏精子症・精子無力症・奇形精子症の多くの場合は、精液に洗浄・濃縮処理を施した上で人工授精を行えば、妊娠の可能性を高めることができます。濃縮洗浄処理により精液の状態が改善してさえいれば、受精に対する影響はありません。人工授精のほか、精子の異常を改善する方法として、一般的に行われているのは漢方療法とサプリメントの活用です。

また、これらの原因となる疾患の一つに、精巣やその周囲の器官に静脈瘤が発達してしまい、血流により常に精巣の温度が上昇していることで、精子の状態を悪化させる精巣静脈瘤・精索静脈瘤というものがあります。これらは手術によって静脈瘤を治療することで改善することがあります。

漢方療法では、強壮作用のある漢方薬で、精子の運動率等の改善を図ります。サプリメントでは、カルニチンをはじめとした成分が、精子の運動率改善に有効とされています。また、セレン等の微量元素は精子の形成に必要不可欠であるため、食事等ではもちろん、サプリメントとしても一定の量を摂取するほうが良いでしょう。

当院が開発したサプリメントでは、これらの精子の運動率改善効果のある物質や、精子形成に必要な栄養素等を豊富に配合してあるため、3ヶ月以上内服し、運動率等の改善が認められた方が多数いらっしゃいます。また、精子数の減少は、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの低下などでも発生します。FSH(卵胞刺激ホルモン)は、女性であれば卵胞の発育を促しますが、男性の場合は精子の形成を促進する作用があります。脳下垂体からのFSHの分泌が低下している「低ゴナドトロピン性性腺機能低下症」という状態では、FSH製剤を6ヶ月程度投与することにより、精子の形成を促すことが可能です。男性でも保険で使用できるFSH製剤は、極めて高価ではありますが、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症は難病指定の対象となりますので、認可が通れば県・市区町村からの助成金を受けることが可能な場合があります。

FSHの値が正常であっても、年齢や内臓機能その他の条件等が合致すれば、精子増加療法を実施することも可能です。この薬物療法は、内服で行うため、比較的容易に実施可能ですが、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症と同様、精子形成に必要な4~6ヶ月以上にわたり行う必要があるため、奥さまの年齢や卵巣年齢、早く子供を望まれるご希望等も考慮して体外受精を優先的に行う方が非常に多いのが現状です。 これらのホルモン療法や精子増加療法により、顕微授精適応の方が人工受精でも十分に妊娠可能なレベルに回復する例も多くあり、最初は顕微受精を行っていたものの、通常の体外受精や人工授精に切り替えるステップダウンをされる方もいらっしゃいますし、事実、ステップダウンによる妊娠例もあります。

無精子症

無精子症とは、射精された精液の中に精子が認められない状態のことをいい、男性不妊のうちおよそ20~30%を占めるといわれています。無精子症は大きく分けて閉塞性無精子症、非閉塞性無精子症の2つに分類することができます。

閉塞性無精子症

閉塞性無精子症とは、その名の通り、精子が精巣で作られて射出されるまでのいずれかの部位が物理的に閉塞し、うまく射出できずに停滞してしまっている状態をいいます。 閉塞の原因としては、生まれつきのもの、Young症候群という慢性的な気管支炎・副鼻腔炎と無精子症を合併する疾患によるもの、外傷や手術の後遺症として閉塞してしまったものが挙げられます。 血液検査上、各種ホルモンの値は正常値であることが多く、治療も、閉塞部位より精巣に近い部分から精子を回収すれば、一定数の精子が回収できる可能性が高くなります。

非閉塞性無精子症

非閉塞性無精子症は、精子の通り道である精路の明らかな閉塞を認めないにもかかわらず、射出された精液の中に精子が確認できない状態をいいます。これは精巣内での精子形成が低下していることによるものです。 精子形成の低下は、男性500~1,000人に1人いるといわれるクラインフェルター症候群という染色体異常によるもの、脳下垂体から精子の形成を促すFSHホルモンが低下しているもの、大量の抗がん剤の投与や放射線治療によって精子形成能が廃絶してしまったもの、原因が明らかではないものなど、さまざまです。 治療方法は、精巣内から精子を回収してくることになります。精子の回収率をあげるために、精子回収手術前にホルモン療法などを行う場合があります。

無精子症の治療方法

閉塞性無精子症の場合、精巣上体精子回収術(MESA)または経皮的精巣上体精子回収術(PESA)により、精子を精巣上体という部位から回収してくる手術を行います。MESAとPESAの違いは、MESAは陰嚢を切開して精巣上体をあらわにした上で精巣上体から精子を吸引するのに対し、PESAは陰嚢の皮膚の上から精巣上体に針を刺して精子を吸引します。MESAは良好で多量の精子がとれる可能性が高いというメリットがあり、PESAは切開を必要としないというメリットがあります。回収された精子は顕微授精により卵子と受精させ、培養した後に胚移植を行います。非閉塞性無精子症の場合は、精巣内精子回収術(c-TESE)または顕微鏡下精巣内精子回収術(MD-TESE)により、精巣内の組織から精子を回収します。回収された精子は顕微授精により卵子と受精させ、培養した後に胚移植を行います。

MD-TESEは、顕微鏡下で精密に精巣組織を観察し、精子が形成されているであろう部位を特定させてその組織を採取しますので、精子の回収率はc-TESEより良好となります。 血液検査などにより、閉塞性無精子症の可能性が高い場合であっても、実は非閉塞性無精子症であることもあり、MESAからMD-TESEへ変更されるような場合も多くあります。 これらの手術は、精巣とその周囲の組織を傷つけてしまうため、繰り返せば繰り返すほど、精巣の精子形成能力に悪影響を与えることになります。静岡県下には、高度な男性不妊手術を実施できる医療機関は数少ないこともありますが、これらの手術は、いかに最も少ない回数で精子を回収できるかにかかっていますので、術者の技術により成績が大きく異なり、患者さんの人生を左右します。当院ではより確実な治療設備・治療技術と、患者さんの安全性等を考慮し、日本でも有数の高度男性不妊治療を実施している名古屋市立大学泌尿器科と提携し、同病院で手術を受けていただくこととしております。

事前に当院で血液検査等を実施し、当院から名古屋市立大学病院の外来(金曜日午前)を予約いたします。問題がなければ初診外来で手術日程を決定し、手術をお受けいただくことになります(2泊の入院が必要です)。手術当日は、採取し培養液に浸した精巣組織を奥さまかご家族に新幹線を利用して当院まで搬送していただきます。名古屋市立大学病院は名古屋駅から地下鉄で16分の立地にあるため、2時間以内での搬送が可能です。当院の培養士が精子を回収し、凍結保管させていただきます。手術によって得られた精巣組織を調整し、精子の有無や運動性にもよりますが、最大10回分程度に分けて凍結しております。 なお、この手術は保険が適用されないため(引き続き採卵等の不妊治療を行った場合、特定不妊治療助成事業や市町独自の不妊治療助成事業の対象にはなります)、入院費も含め15万円程度が必要です。当院で実施する検査(術前検査一式、各種ホルモン検査、染色体検査、遺伝子検査)も一部は保険が適用されませんので、術前検査全てを合わせると7~8万円程度必要となります。

精細胞治療とホルモン療法

当院では、TESEを行なっても精子が確認できない場合であっても、採取された組織に後期精子細胞(精子に変態する一つ手前の細胞)が存在すれば、これを用いて、顕微受精を行なうことが可能です。 厳しい道のりではありますが、他院で無精子症と診断されたり、MD-TESE等を実施した方も含め、最後まであきらめない思いが皆さまの願いを叶えることもあります。

また、当院では一度MD-TESEを実施された方、最初のMD-TESE実施前であっても、血液検査上、精子形成の可能性が極めて低いと考えられる方に対しては、ホルモン療法を実施した後に手術を実施していただくようにもしています。これは、少しでも精子回収の可能性と回収数を向上するための措置であり、稀な事例では、事前のホルモン療法により、射精された精液中に精子が確認できたようなこともあります。

MD-TESE等の無精子症治療は前述の通り、精巣組織を傷害するため、何度も実施できるものではありません。実施回数によって回収率は低下します。ですから、無精子症と診断された場合は、後期精子細胞の活用や、手術前に回収率の向上をはかる治療を実施している当院のような施設への受診をお勧めします。

ぺージのトップへ